長崎カジノのゲームプレイQ&A

長崎カジノで勝ちやすい&稼ぎやすいゲームとは?

長崎カジノで勝ちやすい&稼ぎやすいゲームとは?

長崎カジノのカジノゲームで勝ちやすいゲームを語るうえで最初に考察しておくべきことは、各カジノゲームのハウスエッジ(ハウスアドバンテージ)をチェックすることかもしれません。ハウスエッジとは、各カジノゲームにあらかじめ付与されているカジノ胴元の取り分(ゲームテーブルの利用料・場代のようなイメージ)のことで、別称「控除率」や「テラ銭」とも呼ばれています。このパーセンテージ分のおかげで、プレイヤーがゲームで勝つか負けるかに関わらず、カジノ側は安定的に収益を得ることができるシステムになっているのです。

 
各カジノゲームと日本のギャンブルのハウスエッジは下記のとおりです。

 
クラップス: 約0.184~1.414
バカラ: 約1.17~1.36
アメリカンルーレット: 約5.26
ブラックジャック: 約0.5%前後
パチンコ・パチスロ: 約8~15
宝くじ: 約55
公営競技(競馬・競輪等): 約25

 
たとえば「アメリカンルーレット」の場合は、ハウスエッジが約5.26%となっているので、1回のゲームプレイで1,000円分のカジノチップをベットしたとすると、約52.6円がカジノ胴元に徴収されて、約947.4円がプレイヤーに還元されることになります。このように考えていくと、カジノゲームと比較して、日本のギャンブルがどれほど詐欺レベルのボッタくりゲームであるかが理解できると思います。そして、数学的な理論値を考える上では、ハウスエッジが低い「クラップス」や「バカラ」が勝ちやすい、あるいは稼ぎやすく、これらのゲームを中心にプレイしていく方法が賢い選択になるということが分かるのです。

 

ただし、ギャンブルはどの種類のゲームをプレイしても、長期的にはプレイヤー側が負け越すように仕組まれているので、プレイヤーとしてはゲームの胴元が敷いたレール上で勝負をせずに、どこかのタイミングで数学理論を逸脱するような賭け方を繰り返していくことが、勝つために非常に重要な考え方となります。これは、勝ちやすい、あるいは稼ぎやすいゲームである「バカラ」や「クラップス」を選択する以上に大切になるかもしれません。そして、このレールを逸脱する賭け方というのは、つまりは「大数の法則」の影響を受けないような賭けを行うということになります。

 
「大数の法則」とは、短時間・短期間など少ない回数のゲームプレイでは、プレイヤーがカジノゲームで大勝したり大負けしたりなどの勝敗の偏りが起こりやすい一方で、長時間・長期間ゲームをプレイし続けることによって徐々に偏りが補正されていき、結果的に理論上正確なハウスエッジの比率通りの結果に収束するという法則のことを言います。つまり、カジノゲームをプレイするときは、短期決戦を念頭に勝負した方が良いということになるのです。
 

関連記事

  1. 長崎カジノのゲームプレイQ&A

    長崎カジノで遊ぶ資金予算の平均は?

    長崎カジノで遊ぶ資金予算の平均は?長崎カジノは日本の九州地方に位置…

長崎カジノのゲーム

PAGE TOP