長崎カジノの基本Q&A

長崎カジノビジネスはなぜ良いのか?

長崎カジノビジネスはなぜ良いのか?

長崎にカジノ場をオープンする利点は、日本や海外からカジノ好きのギャンブラーを呼び込むことが大きな目的ではありません。長崎のカジノは、カジノ場のほかにホテルやショッピングモール、エンターテイメントホール、国際会議場などが併設された統合型リゾート(IR)であり、カジノ施設はすべてのIR施設内のわずか3%の床面積しかないのです。

 
じつは現在ラスベガスやマカオでは、これまでカジノビジネスの売上の中核を担っていたカジノVIPルームでの収益が、一般客が利用するカジノ場(平場)に比較して大きく減少しており、代わって平場やカジノ以外の施設の方に収益の多くが移行しています。実際、とくにラスベガスでは数年・数十年前からギャンブラーではなくファミリー層が休暇を楽しめるサービス提供や施設造りがなされてきており、たとえば父親はカジノやビジネスセンターの利用、母親はショッピング、子供たちはアトラクションや劇場、映画館でエンターテイメントを楽しむような流れになってきているのです。

 
そのため、長崎カジノはギャンブラーが楽しむためだけの場所ではなく、世界中の様々な層の観光客のためのものであり、長崎県内や九州地方にある観光地への導線になるだけでなく、日本という国に興味を持ってもらうキッカケになる可能性がある最高のエンターテインメント施設になりうるのです。

 

一方、カジノ付きリゾート施設を開業する場所として長崎が良い理由は、中国や韓国、台湾、その他アジアの各国に非常に近い最高のロケーションと、海外からの観光客がアクセスしやすい空の便の発着地である国際空港に近い便利な立地にあることが挙げられます。また、日本を代表する一大テーマパークの「ハウステンボス」が所有する敷地内でプロジェクトが進むため、すでにある程度の認知度と来場者を抱えている条件でカジノ付きリゾートをオープンすることができ、開業後の集客をイメージしやすいことも挙げられると考えられます。歌舞伎や落語など、日本の伝統的なエンターテイメントとのジョイントも期待できるかもしれません。

 
日本がシンガポールの「マリーナベイサンズ」と「リゾートワールドセントーサ」の2つのIRを手本として国際観光都市を目指しているのは、シンガポールではカジノを含む統合型リゾートを開業したことで国民1人あたりのGDPが急増し、工業から観光業へ国の収益モデルを変更することができた歴史があるからと考察されていますが、長崎はシンガポール同等の好条件からIRの開業までのステップを踏める可能性があり、日本の様々なIR誘致都市よりも優れた環境があると言えるのではないでしょうか。
 

長崎カジノのゲーム

PAGE TOP