長崎カジノのブラックジャックゲーム

長崎カジノブラックジャックのルール/やり方

長崎カジノブラックジャックのルール/やり方

ブラックジャックは、配られたカードの合計数が21になった人、あるいは21に近い人が勝ちとなるシンプルなゲームで、ゲームテーブルには複数のプレイヤーが座っていても、基本的にディーラーとプレーヤーの1対1の勝負となります。

 
また、カードを数える時は、2~9まではその数字で、10・J・Q・Kはそれぞれ10点として、Aは1点(ハードハンド)あるいはケースによって11点(ソフトハンド)で数えます。

長崎カジノブラックジャックのゲーム進行

1. チップをベットする

プレイヤーは、ブラックジャックテーブルのベッティングエリアに賭けたい金額分のチップを置きます。
 
ベッティングエリアは、各プレイヤーで1ヵ所ずつ配置されており、ディーラーの「No more Bet」の合図で賭け時間が終了します。
 

2. カードが配布される

ディーラーは各プレイヤーにカードを2枚ずつ表向きに配布し、またディーラー自身にも1枚を表向き、もう1枚を裏向きにしてカードを配布します。
 
ここで、もしディーラーの1枚目のカードが10・J・Q・Kのいずれかだった場合は、2枚目のカードも表向きにされます。(ブラックジャックになっている可能性があるため)
 

3. 勝敗結果

1回目にプレイヤーに配布された2枚のカードの合計数が21の時、プレイヤーの勝利が確定し、「ブラックジャック」と叫ぶことで3to2(1.5倍)の配当をゲットできます。(ディーラーのカード合計数も21なら引き分け)
 
また、ディーラーの2枚のカード目合計が21の場合も、ゲーム開始前にゲーム終了となります。

 
次に、ディーラーは各プレイヤーに対して順番に、カードを追加で引く(ヒット)か引かない(スタンド)かを聞いていきます。
 
もしヒットする場合は、指でテーブルを2回軽く叩いてディーラーに知らせ、すでに合計点数が21に近くカードを引かない(スタンド)選択をする場合は手のひらをテーブルに向けたまま横に振ります。
 
* カード合計が21に近い方が勝利しますが、21を超えてしまうと負け(バースト)となるので、ご注意ください。

 
プレイヤーのゲームがすべて終了した後、ディーラーの裏向きカードが表にされます。
 
この一連のゲームセットを繰り返していきますが、ディーラーは手持ちカード合計が17点以上になるまでカード引き続けるルールがあります。
 
* 合計数が17以上になった時点で、その合計数で勝負することになります。

 
勝敗結果は、プレイヤーのカード合計数がディーラーよりも21に近ければプレイヤーの勝利となり、賭け金額の2倍の配当が返ってきます。一方、ディーラーのカード合計数の方が21に近ければプレイヤーは負けとなり、ベット金額はすべて没収されます。
 
また、カード合計数が同じケースでは引き分けとなり、賭け金額はそのまま返ってきます。
 

関連記事

  1. 長崎カジノのブラックジャックゲーム

    長崎カジノブラックジャックの攻略法&必勝法パターン

    1. ベーシックストラテジーを活用する方法ブラックジャックには「ベ…

  2. 長崎カジノのブラックジャックゲーム

    長崎カジノブラックジャックのミニマム&マックスベット

    長崎カジノブラックジャックのミニマム&マックスベット長崎カジノには…

  3. 長崎カジノのブラックジャックゲーム

    長崎カジノブラックジャックの種類

    長崎カジノブラックジャックの種類長崎カジノで主流になるカジノゲーム…

長崎カジノのゲーム

PAGE TOP