長崎カジノのバカラゲーム

長崎カジノバカラのミニマム&マックスベット

長崎カジノバカラのミニマム&マックスベット

長崎カジノでは、海外カジノ、特にアジア各国のカジノ場と同じように、バカラがカジノゲームの中で最も多くのカジノ場で設置されるゲームテーブルになり、賭け金額も最もハイレートのゲームになることが考えられます。

 
とくに、カジノゲームの種類やテーブル数、さらにゲームレート(賭け金額)に関しては、同じ中国人を中心とするプレイヤーをターゲット層とするシンガポールのカジノ場やマカオの巨大IR施設内の大型カジノ場を参考に決められることが見込まれるため、世界の中でも最上位に位置する賭け金額のマキシマム&ミニマムが設定されるかもしれません。

 

具体的には、シンガポールのマリーナベイサンズカジノに設置されているバカラテーブルのマキシマムベットが200,000シンガポールドル以上(2,000万円以上)、ミニマムベットは50~300SGD(約5,000円~3万円)、そしてリゾートワールドセントーサカジノではマキシマムベットが100,000~200,000シンガポールドル(約1,000万円~2,000万円)、ミニマムベットは100~200SGD(約1万円~2万円) ほどなので、これに近い水準か、さらに強気の価格設定で高額な最大賭け金額になるかもしれません。

 
* ちなみに、シンガポールカジノのバカラのマキシマムベット額は、他国のカジノ場と比較して2倍以上高く設定されているケースもあります。

 

また、富裕層で収入が高いプレイヤーの多くがカジノゲームを楽しむVIPルームでも、食や観光地としての日本ブランドの高さや、世界で類を見ない建築・デザイン技術とホスピタリティの高さを求める裕福なプレイヤーに加え、マカオやシンガポールのVIPフロアの遊びに飽きたハイローラーVIPたちがこぞって長崎カジノのVIPルーム会員になることが考えられるので、それに応じて賭け金額のマキシマム&ミニマムはかなりのハイレートになることが予想されます。もちろん、日本人にカジノへの入場が禁止されなければ、カジノ胴元側のさらなるカジノ収益拡大のためにレートは上がっていくのではないでしょうか。

 
ひょっとすると、VIP会員になるための初回デポジット金額も、マカオやシンガポールと同額くらいかさらに高額な金額が設定される可能性もあり、最低でも200万円~1,000万円は必要になることが予想されます。実際、中国人やアジアの富裕層は年々増加し続けており、彼らの中で日本流を好む人たちも多い現状を踏まえると、他国よりも高い価格設定は妥当な判断になるような気もします。もちろん、長崎カジノが日本人も利用できるカジノ場になるのであれば、超高額レートテーブルは必須になるでしょう。

 
★シンガポールカジノのバカラ賭け金額
≫ マリーナベイサンズのバカラ賭け金額はコチラ
* 他サイトに移動します。
 

関連記事

  1. 長崎カジノのバカラゲーム

    長崎カジノバカラの攻略法&必勝法パターン

    長崎カジノバカラの攻略法&必勝法パターンバカラは、アジア圏で最も人…

  2. 長崎カジノのバカラゲーム

    長崎カジノバカラのルール/やり方

    長崎カジノバカラのルール/やり方バカラは、主にカジノVIPルームで…

  3. 長崎カジノのバカラゲーム

    長崎カジノバカラの種類

    長崎カジノバカラの種類長崎カジノの目玉となるカジノゲームは、中国人…

長崎カジノのゲーム

PAGE TOP